IT系転職においてSNSは適度にやっているかどうかがポイント?

「SNSを利用して転職を成功させた」と言えば、私の友達の話なのですが、彼女は適度にSNS発信をしていて、転職成功となりましたね。

今の時代だからでしょうか。応募者については、会社側もSNSなども含めて情報を集めるのですよね。やっぱり面接の時間だけで、応募者の人となりなんてわからないじゃないですか。

しかし働くにあたっては、結局は技術よりもなによりも「人となり」が重要となってくるわけです。そしてだからこそ、IT系の会社側にしても、いやIT関連会社だからこそ、ネットリサーチをするのでしょうか。

そしてその規定ラインにも友達は合格できたという。後から彼女が社員さんから聞いてしったことだそうですが、「SNSでプライベートなことを発信しすぎていないところがよかった」ということで。

会社側としてもSNSをやるなとは思っていないそうで、しかしあまりにも情報垂れ流しな人は脅威でしょう。その点において、彼女はファイスブックでも自分の作品をちらほら載せていたり、グルメ写真を載せているだけなので良かったということだったそうです。ちなみに、「ツイッターを鍵付きアカウントでしている人はまゆつば物」だと聞いたということでしたよ。まあ、その人その人の感じ方によるとは思いますが。参考までに。