SNSでキーマンと効率良く接触

Facebookを始めとするSNSは、実は、転職活動を行ううえで、転職エージェントや企業の採用担当者などと効率良く接触するための常套手段です。

SNSでは、本名と経歴を記載する他、タイムラインへの投稿でその人の人となりや仕事上の表にでる活躍など、転職での採用活用に必要な情報を手っ取り早く確認することができます。

そのため、積極採用を行っている企業の人事担当者やエグゼクティブ系の転職エージェントは、SNSの情報を元に、スカウトを行うケースがあります。

そのため、現職のポリシーに反しない程度に、勤務先情報や、仕事で実施したプレゼンテーションやイベント企画など、対外的に見て実績となるような情報は積極的にSNSで発信するのが良いでしょう。

媒体は何でも良いですが、特にビジネスパーソンの利用が多い、FacebookやLinkedInなどが有効なようです。仕事をしながらの転職活動は、使える時間が限られているため、SNSを用いて多くのキーマンと効率良く接触するのが良いでしょう。