SNSから求人はFacebookなら有りだと感じて

一度、SNSを通じて求人が来たことがあります。どのSNSなのかと具体的に言いますと、なんのことはなくFacebookなのですが。どこの会社から求人がきたのかと言いますと、知り合いのIT会社です。

その当時の私は、子育て中につきほぼ休職状態でした。妊娠を機会に会社を退職して、フリーランスで時々仕事を請け負っているという状態でした。そしてFacebookですから、仕事のこととかもちょこちょこと書いたりするじゃないですか。不特定多数が読むようなSNSには、私は芸能人でもないですし仕事のことやあまりにもプライベートなことは書いたりはしませんが、知り合いにしか見ていないしいいかなーと、ちょこちょことは仕事のことも書いていたのです。

それで、IT関連会社の知り合いの人が覚えていてくれて、なおかつFacebookで子供の成長具合(その時点で幼稚園に入園していました)もわかるということで、「今、時間が空いているのならばー」と、「パート勤務からどうですか?」と、声をかけてくれたのです。

私にしても、Facebookならば閲覧している相手の素性もわかるしという安心感はありましたね。これが他のSNSなら、相手の素性がわかるまでかなり警戒していたかも知れませんが。

トレンドワードやタグで自身のスキルを発信し転職機会を増やす

facebookをはじめとするSNSで転職の機会を見つけるには、自身のスキルを商品として売り出していくための宣伝力が必要になります。

そのためにはSNSでのプロフィールを充実させて特化させるだけでは物足りないです。

ただ機会を待っているだけではなくて、もっとアピールすることをしないといけません。

そのためにはそのSNSサイト上でつながる、つまりフォロー、フォロワー関係にある人を厳選しないといけません。

転職のために力を貸してくれる人物に巡り会えるようにするのがSNSという特性をいかした転職のやり方の一つです。

そのため転職先として興味がある分野で活躍している人は積極的にフォローしていき、自分が転職先捜していることをプロフィールまたは、テキストで周知していきます。

タグを使用してスキルや能力を発信するのも効果的です。

もちろん過度なアピールは逆効果ですが、ホームページなどと違って新しい記事に更新されて流れやすいSNSだからこそ発信を心がけるのが大切です。

またトレンドワードや転職に関係ある分野のキーワードを使用して、自身のスキルを発信していくのがビジネス運用のSNSの方法です。

SNSは転職の強い味方です

最近、SNSを利用した転職サイトが増えてきています。企業としては、1枚の紙切れである履歴書だけではわかりえない、その人の人格を知ることができ、より有能な人材を獲得することができるメリットがあります。また、転職をしたい側としては、履歴書だけでは表現できない自分の個性や能力を見てもらうことで、企業に対して、自分を売り込むことができます。人前だと緊張して流暢に話ができない人は、面接でどうしてもよいイメージを面接官に印象づけることが難しいです。そんな方がSNSを利用した転職サイトを使えば、自分の個性や能力を的確に知ってもらうことができ、採用される確率がアップされるかもしれません。私も人見知りな性格から、今まで転職する際にはかなり苦労してきました。でも、SNSを使うようになって、企業からオファーが来るようになったぐらいです。このように、これからはもっとSNSが活用され、企業と働く人のマッチングが高まっていくことは間違いないでしょう。

SNSフォローしていた会社から求人を発見して

SNSはツイッターの方が本音をのぞけると感じます。それは私だけではないようで、私の友達にしましても「ツイッターでのつぶやきから、イヤな人じゃないと思ったからこの会社に決めた」という子がいますからね。

友達が応募したIT会社は、会社としての規模は小さいのですけれど、しかし顧客はしっかりとしていますので、給与および福利厚生は悪くはないということです。

まず、そこの会社の社長さんのツイッターがいい感じで興味を持っていて、そして求人応募をそのIT会社の社長さんのツイッターより知って、応募して採用、そして現在も彼女は勤めているのですよね。

やはり、愚痴ばっかりのツイッター、クライアントや社員の悪口ばかりのツイッターですと、いい印象は持ちませんからね。また、ナルシストっぽいつぶやきばかりのツイッターも考えものです。かといって、ポジティブすぎるつぶやきばかりも、ちょっとした恐怖を感じてしまうことでしょう。

その中において、彼女が応募した会社の社長さんのつぶやきは「ふつうの中年って感じで良かった」ということで。そこの社長さん自体もたまーにですけれど、雑誌にインタビュー記事が載っていたりするプチ有名人ですからね。

しかしそこの社長さんのツイッターをチェックしていたことによって、友達は見事そこの会社に転職できたのですから、人生とはわからないものですよ。チャンスはSNSからもあるということで。

IT系転職においてSNSは適度にやっているかどうかがポイント?

「SNSを利用して転職を成功させた」と言えば、私の友達の話なのですが、彼女は適度にSNS発信をしていて、転職成功となりましたね。

今の時代だからでしょうか。応募者については、会社側もSNSなども含めて情報を集めるのですよね。やっぱり面接の時間だけで、応募者の人となりなんてわからないじゃないですか。

しかし働くにあたっては、結局は技術よりもなによりも「人となり」が重要となってくるわけです。そしてだからこそ、IT系の会社側にしても、いやIT関連会社だからこそ、ネットリサーチをするのでしょうか。

そしてその規定ラインにも友達は合格できたという。後から彼女が社員さんから聞いてしったことだそうですが、「SNSでプライベートなことを発信しすぎていないところがよかった」ということで。

会社側としてもSNSをやるなとは思っていないそうで、しかしあまりにも情報垂れ流しな人は脅威でしょう。その点において、彼女はファイスブックでも自分の作品をちらほら載せていたり、グルメ写真を載せているだけなので良かったということだったそうです。ちなみに、「ツイッターを鍵付きアカウントでしている人はまゆつば物」だと聞いたということでしたよ。まあ、その人その人の感じ方によるとは思いますが。参考までに。

転職成功のためにSNSでリサーチ重要!

転職活動におきましては、「転職先候補の会社を知る」という上でSNSは欠かせないと感じています。というか、今の時代ですから、就職先を知る上でSNSは本当に外せないツールですよ。なぜって、facebookにしてもtwitterにしましても、「おべっか」ではない本当の声を聞くことができるかも知れないじゃないですか。

企業のホームページや就職および転職サイトの求人情報では、当たり前ですがいいことばかり書いてありますよ。というか、むしろ「いいことしか書いていない」とも言えるでしょうか。

しかし会社で働くことって、いいことばかりではありませんよね。そもそも、会社に所属していなくっても、働くということはいいことばかり起こりません。嫌なことだって起こるわけです。そして仕事の愚痴や会社の愚痴だって出るわけです。そしてココです。

転職先を選ぶにあたっては、どちらかと言えばネガティブな情報も知っていたいところです。「本当のところ」が知りたいわけですから。ですから自分が興味を持っている会社の情報を知るべく、社員さんのつぶやきなども知りたいわけです。

そこで活用するのがSNSというわけでしょう。もちろん密かにリサーチを行うわけですが。実際、かなり参考になりますので。転職を成功させるためにも重要ですよ。

ツイッターでお仕事ゲット!

家庭の都合で急に引っ越しをする事になり、長年勤めていた会社を退職しました。新しい土地で仕事を探すため、まずハローワークに登録しましたが、知らない土地で知り合いもおらず、紙に書いてある条件だけで就職するのは不安がいっぱいでした。幾つか紹介してもらい面接もしたのですが、なかなかピンとくる会社に出会えず悩んでいたころ、そんな気持ちを何気なくツイッターで呟いてみました。

すると、以前からフォローしあっていた同じ趣味の人がDMを下さり、私の引っ越し先に会社を経営している知人がいるので紹介してくれるとのこと。最初は少し怖い気持ちもありましたが、割と堅い趣味(歴史や史跡好き)で繋がっていた方の紹介なので、信じてみる事にしました。

紹介された方は、その土地の地域興しに力を注いでいる方で、よそから引っ越してきた私の目線で地元の良いところを紹介する仕事をしてほしいと言って下さいました。その方も同じ様な趣味を持っていらしたので、すぐに意気投合。新天地で本当にやりたい仕事と友人まで他に入れることが出来ました。